車買取査定を考えるブログ

車買取査定について一緒に考えてみませんか?

話題沸騰!買取や下取り、リサイクル料のいろいろ

話題沸騰!買取や下取り、リサイクル料のいろいろ

中古車を売るときの仕方としては買い取りと下取りというのが有ります。下取のケースというのは新しいクルマを入手する代わりにこれまでの自家用車を買受してもらうというものです。だいたい新車の販売会社が引き取りをするため買い取り金額は割と低めに見られるケースが多いです。

もう一方の買い取りのケースはユースドカー買い取り専業店がおこなっているもので、ユーズドカーという名目で販売することを前提に引き取りプライスを決めるため、どちらかというと高目の買取が期待できます。どっちにしても自分のくるまのを売る事であり、引き受けてもらう前に引き取りプライスを決定するための鑑定がおこなわれます。

査定を依頼するとして気になるのは「リサイクル料」です。お車査定で出される価格というのはそのマイカー本体の金額、自動車に附随する自賠責保険やリサイクル料などなど含んだ値段の2種類がありますあります。リサイクル料に関してはお車を手に入れた時、又はリサイクル料が未納だった場合ですと車検を受けたさいに支払いとなるもので、のちにユースドカーを廃車にして解体するさいに必要なフロン類、シュレッダーダスト、エアバッグ類などリサイクルする際の料金として使われます。リサイクル料はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることになり、解体する時にJARSから支払されることになります。

料金は大体、軽だと8000円くらい、国産車の場合は1万円程、外国の車等だと15000円ほど、そのほかで約2万円ほどを入金する必要がございます。大概のくるま引き受けであれば、そうしたリサイクル料をクルマの引き取り額とは他のものとして買取されるという事になる訳ですが、リサイクル代金を含んで引取り価格となってる場合も有り、引受を希望するさいにはまえもってチェックしておくことが大切なこととなります。