車買取査定を考えるブログ

車買取査定について一緒に考えてみませんか?

改めて日本自動車査定協会の役割だそうな

改めて日本自動車査定協会の役割だそうな

中古車の下取や買取の時には、最初に査定をしてもらう事でしょう。査定とは、お客様から買い取りや下取りの際に正確な見立てをするための下調べであり、そのためにはいろいろな方から肯定され、かつ受け入れられた手続きでないと良くないのです。ただし、お客様側から見るのであれば、鑑定がどんな具合に行われているのかちゃんとは把握していなかったり、キチンとした進め方で行われてるかどうかは案外認識することが出来ないケースがほとんどです。しかしながら値踏みというのはユースドカーのバリューを決定するとても重大な方法ですので、やり方や考えに様々なものがあると世間がパニックとなる理由にもなってしまいます。

そんなパニックを生じさせないためにも日本自動車査定協会と呼ばれる機関が設立され、「中古自動車査定制度」を用意してる訳です。

「日本自動車査定協会」という機関は、厳正な審査が行われるように務めている団体であって、消費者が不安なく車を審査に出すことができ、しかも納得できる結果となるシステムを構築する行いをしています。

具体的な活動内容としては、例を出すと健全な査定士を増やす為の検定を実行しており、査定協会が行っている学科及び技能研修を受けて頂き、それから査定士技能検定試験という試験に受かることで一定のスキルを保有する査定士としての資格が与えてもらえます。そうした上で査定士として活躍するのには協会への登録をしなければならなくなり、しっかりとした見識や責務をもってお客さんの所有車の評定をしていきます。言い換えると適正な見積のための資格を有している人が査定をやりますので、客側も安心して下取りや買取に出すことが可能となるのです。