車買取査定を考えるブログ

車買取査定について一緒に考えてみませんか?

古い車を売り払う場合の手段に関わることを、こちらでちゃんと把握しておきましょう

古い車を売り払う場合の手段に関わることを、こちらでちゃんと把握しておきましょう

ユーズドカーを売り払う時のやり方というと買取、そして下取の両方が一般的ですよね。下取りの場合は次の中古車をゲットする時、いままで乗っていたおクルマを買い取って貰うというものです。だいたいは取扱店が買取を行ないますので買取金額の方はわりと低くなる場合が多いです。

逆に買取りの方は自動車買取専業店がおこなっているもので、おクルマとして販売することを予定して買上げの価格を決定するので、どっちかというと高値の買取が期待できるでしょう。いずれにしても古い車を引き受けてもらうことであり、引き受けてもらう前に買い受け価格を決めるための査定が実施されます。

査定をお願いする場合に気に掛かるのがリサイクル料です。使用ずみの自動車の査定で出される値段としては所有車それ自体の額、自家用車に付いてくるリサイクル料とか自賠責保険などなど加えた額の2種類があります御座います。「リサイクル料」はその使用ずみの自動車を購入した時、または「リサイクル料」が未納だった場合には車検を通した時支払いとなるもので、先々使用していた自動車を廃車にして解体するケースで必要なシュレッダーダスト、フロン類、エアバッグ類などリサイクルする為の費用として使用されます。「リサイクル料」は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けておくこととなり、処分する時JARSから支払されるということになります。

その時の料金は、軽で8千円くらい、普通車だと10000円位、外国製自動車等であれば1万5千円位、それ以外で2万円ぐらいを入れる必要性が御座います。大抵の使った自動車買い受けの場合、そういったリサイクル料金を使用していた自動車の買上価格とは別ということで買取られることとなりますが、リサイクル料金を含んで評価の価格であるという場合も有り、引受けをお願いする際にはチェックしておくということが大事です。