車買取査定を考えるブログ

車買取査定について一緒に考えてみませんか?

古い自動車を売却するときの手段に関することを、こちらでなるべくチェックしていきましょう

古い自動車を売却するときの手段に関することを、こちらでなるべくチェックしていきましょう

使用した自動車を売り渡す際の段取りには下取と買取のどちらかが一般的ですよね。下取りの場合はおニューのマイカーを買う代わりに今まで乗っていたユースドカーを引き受けてもらうというものです。たいていは販売店が引き取りをしますので買い取りプライスの方は割と低めになるケースが多いです。

逆に買取の方は自動車買取り専門の業者がおこなっていて、使っていた自動車という名目で店頭に並べることを予定して買上値段を決定するため、やや高めの買い取りが望めるでしょう。いずれにしても中古車を売る事であり、売り払う前に買い受け価格を決定するための見積りがされるわけです。

査定を行う時気に掛かるのはリサイクル料となります。中古車の格付けで出される金額としてはその中古車本体の額、自動車に付いてくる自賠責保険やリサイクル料などなど含んだ額の2つの種類がございます。リサイクル料に関してはその古い車を入手した際、又は「リサイクル料」が未払いだった時には車検の場合支払われるもので、将来、不要車を廃車にして壊してしまう時に必要となるシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類などリサイクルする時の代金という名目で使われます。リサイクル料は自動車リサイクルシステム(JARS)に預け入れることになり、解体処分する場合自動車リサイクルシステムから支払われるということとなります。

費用は、軽自動車なら8千円位、国産車の場合で10000円くらい、外国製自動車等であれば1.5万円ほど、それ以外で2万円くらいを入れる必要性がございます。たいていの使った車買受けの場合、こうした「リサイクル料」を使っていた車の引き取り金額とは他として引取りされることになるワケですが、リサイクルの料金をいれて買取り額としているケースも有り、引受を望んでいる際に事前にチェックしておくのが大事な事となります。