車買取査定を考えるブログ

車買取査定について一緒に考えてみませんか?

古い自動車の買受けのお値段に修復歴なんかはどんな風に影響してしまうのでしょうか?当ページでチェック

古い自動車の買受けのお値段に修復歴なんかはどんな風に影響してしまうのでしょうか?当ページでチェック

使っていた車の売渡についてオーダーしたケースだと、まずはじめに評価を受ける事になります。その際の格づけに関しては買取専業店のスタッフがおこなうわけですが、車マーケットの相場などから算出されるというものとなります。

たいていユースドカーということで売り出されているプライスの20~30%ほどが査定価格と言われていますが、人気くるまだったり、希少価値のある車などの時には想像以上のいいお値段が出るときもあります。ほかにも、製造年は新しいほどやっぱり高く売却できます。一方、こういった見積金額は中古車が問題ない状態の場合であって、問題がある時は査定は厳しくなります。なかでも特に修理歴等になると買取金額に結構関係してきます。

修復歴とは言っても定義があいまいですが、基本的には車両の基礎となるフレームの部分にまで跡を残すようなアクシデントを起こしたお車は事故車扱いになります。こうした修復歴のある車は将来において何らかの悪影響が出てくる危険が存在しますので、見積もりについては駄目なものとなるのです。とはいえ、フレームの方にまで影響が及ばず、外側を修復した程度なら問題ないのですが、でも修理歴は付いてしまいます。

無論、修復歴は付く訳ですからマイナスの影響はありますが、事故車より低く査定されることはありません。ほかにも、エンジンや変速機などにトラブルが起きている際もマイナスとして査定されますし、日頃からの整備の良し悪しが買取の値段に関わってきます。

そのへんは我々にはわからないところですが、診断をしている店の方ではシッカリその部分も確認してくるでしょう。

どちらにしても修理歴は無いことが所有車見積もりに関して上げられるかどうかのポイントとなってきます。