車買取査定を考えるブログ

車買取査定について一緒に考えてみませんか?

例の買取や下取りリサイクル料だそうな

例の買取や下取りリサイクル料だそうな

中古車を売る際の手続きというと下取りと買取りの2つがあります。下取りの場合は次の自分のくるまのを入手するかわり、これ迄の中古車を買受していただくというものです。だいたいは新車取扱店が引受けを行うため売り値のほうはどっちかというと低く見られるケースが多いです。

もう一方の買い取りのほうは車買取専門店がおこなっているもので、中古車として売却することを前提として引取り額を決めるので、やや高プライスの買取が望めます。いずれにしろ中古車を売却することであり、売り払う前に引取りプライスを決めるための審査がおこなわれることとなります。

審査をしてもらうとして気になるのはリサイクル料になります。中古車査定で出される価格としてはクルマそのものの値段、自分の車のに附随するリサイクル料とか自賠責保険などなど入れた価格の2種類がありますあります。リサイクル料はくるまを手に入れた場合、若しくは「リサイクル料」が未払いの場合ですと車検の場合に支払いとなりますので、将来、お車を廃車として解体処分する際に必要となるシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類などをリサイクルする時の料金という名目で使用されます。リサイクル料金は自動車リサイクルシステム(JARS)に預け入れることとなり、解体処分する時にJARSから支払されるということになります。

費用は大体、軽で8000円位、国産自動車で1万円位、外国製自動車などで1.5万円位、それとは別に2万円位を入れる必要があったりもします。だいたいのクルマ引き取りであれば、そうした「リサイクル料」をお車の引き取り金額とは別として引受けされるというようなこととなりますが、リサイクル料を含んで引受け値段だというケースも有り、引き受けを希望する時先にチェックしておくということが大切なこととなります。