車買取査定を考えるブログ

車買取査定について一緒に考えてみませんか?

使っていた自動車の買い受けプライスに修理の跡なんかはどの程度影響してくるのか確認しましょう 

使っていた自動車の買い受けプライスに修理の跡なんかはどの程度影響してくるのか確認しましょう 

不要車売渡を頼んだときは、まず審査額を受けるのが順序です。そうした時の審査については買取ショップの担当者がすることとなり、くるまマーケットの価格などから計算されるというわけです。

大概、使用済みの車のということで売り出されている額の2~3割ほどが買取の金額と言われているようですが、評判の車種だったり、珍しいクルマでしたりなどのときには予想以上の高い査定が付くなどのケースもあります。それと、製造年は新しければ新しいほどいうまでもなく高く売れます。一方でこうした見積価格はその中古車が万全な状態の場合であり、パーフェクトではないときは値踏みは厳しくなります。その中でも修復の跡といったものは買取額にとても影響します。

事故歴とは言っても定義は微妙なところですが、とりあえずクルマの骨格であるフレームにまで及ぶような事故を起こしたクルマは事故車という事になります。この事故歴のあるくるまは将来的に何かしらの被害が出るかもしれないという危なさが存在しますので、買取の値段はマイナスとされてしまいます。一方、フレームの部分にまで問題がなく、外装をリペアした位であれば問題ありませんが、とはいえ修理歴が付いてしまいます。

言うまでもなく修復歴が付く訳ですからマイナスの影響がある訳ですが、事故車に比べて安く見られることは無い筈です。他にも、エンジンや変速機などに不具合が起きている際にもマイナスに査定されますし、普段の維持管理の状態が見積もりに影響してきます。

この辺りはシロウトには見分けはつかないのですが、査定をしている専門の会社ではしっかり状況を確認してくる筈です。

どっちにしても修理歴は無いことがお車鑑定額がについては上げられるかどうかの条件となります。