車買取査定を考えるブログ

車買取査定について一緒に考えてみませんか?

今日は車を売る時のローンの残りとのことだけどどうなんでしょう

今日は車を売る時のローンの残りとのことだけどどうなんでしょう

マイカー買取ショップに査定を頼んだものの、割賦払いを払いきっていないという事もあり得ます。そういった際は、売り払いたいクルマの所有権がご本人なのか他の人なのかをとにもかくにも確認しておく必要があります。

ホントのところ、所有者が誰かについてどの辺を確認すると良いのかというと、車検証に載っているお名前の人がくるまの所有者という事であります。

くるまを購入したタイミングで銀行系の分割払いを設定した時には、この「車検証」に記載されている名前がご自身のお名前になってるはずですが、分割払いを組んだのが信販会社であったケースでは名前がその信販会社の名前になっているのです。信販系で分割払いを組む場合どういう理由でこのように信販会社を所有権者として記載するのかというと、その答えとしては返済が滞ったりしたら、速攻でお車を差し押さえて確保することを考えているからです。

こういった理由によって所有権がクレジット会社となっているケースではそちらの所有車を好き勝手に売る事はできません。何が何でも売りたいならとりあえずローンをすべて終わらせるか、割賦契約の組み替えをして所有者を貴方の氏名に変更した上で売却をする必要性が出てきます。しかし、実際にそんな手続きが可能なのは今現在手持ちのキャッシュが余りあるケースになってしまいます。であるならば、お金が不足している人はどういった方法を取るのが良いのでしょうか。

そんなケースでは見積もり査定をおこなって頂いた愛車買い取りのお店にご相談いただけると、クルマの買い取りの値段から残りの返済分をまかない、所有者のところを自分の名前に変更していただくことができるという訳です。手続きについても全てを買取専業店に任せることができますので安心です。