車買取査定を考えるブログ

車買取査定について一緒に考えてみませんか?

今日は「車のリサイクル料」のこと

今日は「車のリサイクル料」のこと

自動車を売却する際の方法としては買取、そして下取の両方がございます。下取の場合は次のマイカーをゲットする時、これまでの自分のクルマのを買取して頂くというものです。主には取扱店が引取りを行うので買取プライスの方はやや低目になる場合が多いです。

一方で買い取りのケースはマイカー買取専門ショップがするもので、中古車という名目で店頭に陳列することを前提として買い取り値段を決定するため、どっちかといえば高プライスの買取りが望めるでしょう。どちらにしてもクルマを引き受けてもらうことであり、、売却をする前に引受け金額を決めるための見積もりがおこなわれることとなります。

見積もりを依頼する場合気になるのは「リサイクル料」です。自分のくるまの見積もりで出される価格としてはその自分のくるまのそれ自体のプライス、愛車に附随するリサイクル料とか自賠責保険などなど含んだプライスの2つの種類があります。リサイクル料については愛車を購入した時、又はリサイクル料が未払いの場合ですと車検を通した時に支払いとなるもので、先々所有車を廃車として解体処分する場合に必要になるシュレッダーダスト、フロン類、エアバッグ類等々リサイクルする時の費用となって使用されます。「リサイクル料」はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けておくこととなり、壊してしまう時自動車リサイクルシステムから支払されるということとなります。

料金は大体、軽だと8千円ほど、国産車で10000円程、輸入車とかで1.5万円位、そのほかで2万円程度を入れる必要があったりします。たいていのくるま引取りの場合、そうしたリサイクル料金を自分のくるまのの買取り金額とは他として引取られるというようなこととなるのですが、リサイクル代金を入れて引き取り金額としているケースもあり、見積もりを希望する時は事前に確認しておくのが大事です。