車買取査定を考えるブログ

車買取査定について一緒に考えてみませんか?

今回は車買取・事故歴と修復歴ってどうでしょう

今回は車買取・事故歴と修復歴ってどうでしょう

古い自動車売渡を依頼したさいは、最初に値踏みを受けることになります。そうした時の査定の方は買取専門ショップの査定士することとなり、クルマ市場の金額等から値段が出されるものとなります。

通常、中古のくるまということで売りに出されている価格の2~3割ほどが査定価格となっているようですが、人気クルマだったり、珍しい車だったりする場合には高プライスが出るなどの場合もあるみたいです。その他、年式が新しい方が高い金額となります。ただし、これらの買取額は車がパーフェクトな状態であり、万全ではない場合には低く査定されます。特に修復歴は査定額にとても影響します。

事故歴というのも定義はあいまいですが、とりあえずお車の骨組みであるフレームにまで及ぶような事故を経験したお車は事故車扱いになります。このような事故歴のあるクルマはそののちなにかしらの悪い影響が出るという危険があるため、査定額に関しては駄目なものとなります。ですが、フレームの部分にまで影響しておらず、外見を修繕したぐらいであれば問題ありませんが、とはいえ修理歴としては付いてしまいます。

もちろん修理歴は付くわけなのでマイナスの影響がありますが、事故車より低く見積もられることは無いです。それと、エンジン等にアクシデントが起こっている時もマイナスという事で見られますし、常々の点検整備の状態が買取の値段に影響してきます。

この辺は我々には気づかない所ですが、値踏みをおこなっている業者の方ではしっかりとその辺りもチェックしてきます。

いずれにしても修復歴としては無いことが所有車プライスが上げられるかどうかのポイントになります。