車買取査定を考えるブログ

車買取査定について一緒に考えてみませんか?

中古の車の買い取りに関しては割賦の完済前だった場合でも良いのでしょうか?確認していきましょう

中古の車の買い取りに関しては割賦の完済前だった場合でも良いのでしょうか?確認していきましょう

使った車の買取り業者に評定を頼んだはいいけど残債を完済できていないなどのケースもあり得ますよね。このような時には、売却しようとする使用済みの自動車の持ち主がご本人であるのか他人であるかについて何はともあれチェックしておく事が求められます

実際に、持ち主についてはどの部分をチェックしたら分かるかというと、「車検証」に記載のある氏名が使用ずみの車の名義の方となるのです。

今のマイカーを購入するときに銀行系の割賦払いを設定されたのであれば、この「自動車検査証」に載っている名前が自分自身のお名前になってるはずですが、その割賦払いを契約したのがクレジット系の会社などの場合はお名前がクレジット会社の記載になっている訳です。クレジット会社で割賦契約を組む場合何故こういった形で信販系の会社を持ち主として記載するのかというと、回答としては月賦が滞った時に、直ちにそのクルマを差し押さえて確保することを考えている為です。

そのような事情から所有者名義がローン会社にあるケースではそちらの愛車を好きなように売ってしまう事は無理なことです。それであっても売却したいならとりあえず残債を全て終わらせるか、ローンの組み換えによって名義をご本人に変えてから売却をすることが求められます。ですが、実際にこういった手続きが可能なのは現在手持ちのお金が沢山ある時に限られます。それじゃあ現金が足りないケースではどうすることが良いのでしょうか。

そのような際は評価をしてくれた使っていた自動車買い取りのお店に訳を話すと、使用ずみの車の買値から残った支払い分を完済させ、持ち主を貴方自身のお名前に変えて貰うことが出来ます。手続きに関しても全てにおいて買い取りのお店に任せることが可能なので問題ありません。