車買取査定を考えるブログ

車買取査定について一緒に考えてみませんか?

中古の自動車の買取の金額に修理の跡などはどれ位関係してしまうのでしょう

中古の自動車の買取の金額に修理の跡などはどれ位関係してしまうのでしょう

使用済みの自動車の売り渡しに関して頼んだケースでは、一番最初に評価を受ける事になります。その格付けについては買い取りの専業店の方がおこなうわけですが、ユーズドカーマーケットの値段等から決定するものとなります。

たいてい中古車のとして売られている金額の20~30%程が売却金額とされているようですが、好評な車種であったり、稀少車種であるなどの場合には想定外の高い見積額がでるなどのケースもあるのです。それ以外にも、年式が新しい方が言うまでもなく高く売れます。ただ、こうした見積価格はそのu-carがパーフェクトな状態であり、完全ではないときにはマイナスに査定されます。とりわけ事故歴等になると見積もりに結構関係します。

修理歴といっても定義が微妙ですが、とりあえずお車の本体であるフレームの部分にまで駄目になっているようなアクシデントを起こしてしまったお車は事故車となってしまいます。そのような事故車はそのうちなにか悪影響が出てしまうという危険が存在しますので、査定額においては駄目なものとされてしまいます。ですが、フレームの方には影響しておらず、外見を修繕したくらいであればなりませんが、しかし修復歴は付くことになります。

モチロン修理歴は付く訳ですから良くない影響が有りますが、事故車より低い査定となることは無いはずです。あと、エンジンなどにアクシデントが起きている際もマイナスとして見られますし、常々の整備の状況が買取プライスに関係してきます。

この辺は私達にはわからないところですが、評価を行っている専門店はきっちりと状況を見逃さない筈です。

どちらの場合でも修復歴は無いという事がu-car見積価格についてアップできるか否かのポイントになります。