車買取査定を考えるブログ

車買取査定について一緒に考えてみませんか?

クルマ買受の値段に事故車はどれくらい関わってくるのでしょうね

クルマ買受の値段に事故車はどれくらい関わってくるのでしょうね

使っていた自動車の引取りをオーダーしたケースだと、まず最初に審査額を受けることになります。その値踏みに関しては買い取りの専業店の査定担当者が行い、くるまマーケットの相場などから算定されるということとなります。

大概、使用していた自動車のとして販売されている金額の2~3割くらいが買取り価格と言われているようですが、定評のあるくるまだったり、珍しい車種でしたりなどのケースでは想像以上の高い見積額が出るケースもあるでしょう。その他、製造年は新しい方がもちろん高く売却できます。一方でそうした買取金額はその使用ずみの車が完全な状態のときであって、問題がある時は低い鑑定となります。とりわけ事故の跡というのは買取価格に相当影響します。

修復の跡とは言っても定義は曖昧ですが、基本的にお車の基礎となるフレームにまで及ぶようなアクシデントをしてしまったクルマは事故車という事になります。そうした事故歴のあるクルマはいずれなにかしらの被害が出てくるかもしれないというリスクが有るので、見積金額においてはマイナスにされてしまいます。一方で、フレームの方にまで影響がなく、外側を手直しした程度なら問題ないのですが、しかし事故歴としてはつくことになります。

当然修復歴がついてしまいますので負の害はあるものですが、事故車に比べ低い鑑定額となることはございません。あと、エンジン等にアクシデントが起こっている場合にもマイナスという事で見積もりされますし、常々のメンテナンスの良し悪しが見積に関係してきます。

そのあたりはシロウトにはちんぷんかんぷんですが、値踏みをする専門業者ではきっちりと状況を見てくる筈です。

どちらのケースでも直した痕跡が無いことが古くなったくるまの見積金額についてはアップできるか否かのポイントになります。