車買取査定を考えるブログ

車買取査定について一緒に考えてみませんか?

まさかの中古車売買のことを考えてみた

まさかの中古車売買のことを考えてみた

ユースドカーの買取となるとまずはその車の査定をすることになります。そのモデルと年式で基準となる一定レベルでの額面の目安を把握します。ここからもっと印象がマイナスなら、評価額を減らすといった順番で処理されていくことでしょう。

通常時のプライスについては買い取る側で基礎的な数値を保有しています。コチラについては業者間でのみ見られるもので、そのプライスはそのモデルと年代で示されています。しかしながら、あくまでこの金額は基準の数値であり、それ以上のものではありません。それに加え、その値段よりも高額で買い取られたり、場合によっては安い値段で買い取られたりするケースも当たり前ですがあり得る話です。

買取店側からすると出来る限り低い金額で買い取りたいので、業者にもよりますがベーシックな買い取りの値段を提示したうえで、それよりも安い方向へと話を振ろうとしてきます。売り手側としてはちょっとでも高い値段で売りたいわけで、この時の交渉としては、したたかに攻めるのがイイですよ。あるいは、買い受けについての額面が同調できなかったケースであれば保留とし、そこで話をストップしておきます。そうしてからまた別の買取業者と話し合いを進行させるのです。

そこでもし価格がもっと高額となり納得できたなら、先の業者とのネゴシエーションはおじゃんになっても気にせずOKです。結局のところ、売る側が納得できるようにやり取りを進めていけばいいという事なのです。絶対に避けなければならないのは、急ぎ足で売却金額を決定してしまい、あとから後悔をすることです。金額は徹底的に強気で押し出していく方が後悔はしません。