車買取査定を考えるブログ

車買取査定について一緒に考えてみませんか?

ほら、車買取、そしてリサイクル料の感想、所感

ほら、車買取、そしてリサイクル料の感想、所感

自分のクルマのを売却するさいの手続きとしては買い取りと下取りがあります。下取りの場合はおニューのマイカーをゲットすると同時にこれ迄の所有車を引き受けて頂くというものです。だいたいは新車販売店が買取を行うため売り値のほうはどちらかといえば低目に見られがちです。

他方、買い取りの方は愛車買い取り専門ショップがやっており、ユーズドカーとして販売することを予定して引受けの金額を決めるため、割と高値での引取りが望めるでしょう。どっちにしても自家用車を売却する事であり、売り払う前に買い取り金額を決めるための鑑定がおこなわれます。

見積もりをして貰うケースで気に掛かるのがリサイクル料です。自家用車鑑定で示される価格としては自動車それ自体の金額、ユースドカーに付いてくる自賠責保険とかリサイクル料などなど入れた額の2つの種類があります。リサイクル料については愛車を買った際、もしくは「リサイクル料」が未納のときには車検を通したケースで支払いとなるもので、将来、自分の車のを廃車にして壊してしまう時必要なシュレッダーダスト、フロン類、エアバッグ類などリサイクルする時の費用として使われます。リサイクル料金はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることになり、解体処分する時自動車リサイクルシステムから支払われるということとなります。

費用は大体、軽なら8000円位、国産車で1万円くらい、外国の車等だと1.5万円程、その他で2万円ぐらいを入れる必要性があったりします。たいていのクルマ引受けであれば、そうした「リサイクル料」をクルマの買い取り価格とは別で買い取られることになるのですが、リサイクル料金をいれて見積もり価格としているケースも有り、引取りを希望という場合にはまずはチェックしておくことが大切な事となります。