車買取査定を考えるブログ

車買取査定について一緒に考えてみませんか?

とうとうです、中古車査定と事故車ってどうでしょう

とうとうです、中古車査定と事故車ってどうでしょう

古いくるま引取りを頼んだ場合には、一番最初に見積もりを受けることになります。査定に関しては買取ショップの査定士することとなり、ユースドカーマーケットの値段等から金額がはじき出されることになります。

通常、中古の車として売られている価格の20~30%程度が買取プライスとなっているようですが、好評な車だったり、珍しい車種である等の場合には高い査定がつくなどの場合もあります。ほかにも、年式が新しい方が高い査定となります。一方でこれらの買取の値段は愛車が完全な状態であり、万全ではない場合には査定は厳しくなります。中でも特に修復の跡等は買取額に結構影響します。

事故車とは言っても定義が曖昧ですが、基本的にはお車の骨格であるフレームの部分まで及ぶようなアクシデントを起こした車両はこれに当てはまります。そうした修復歴のあるくるまは将来的に何らかの悪い影響が出てしまうという危険性が有りますので、見積金額に於いてはマイナスとなるのです。他方、フレームの方には影響しておらず、外側を手直しした程度なら問題ないのですが、しかし修復歴が付くことになります。

もちろん修理歴としてはついてしまいますので負の影響は有りますが、事故車に比べ低い査定となることはありません。また、エンジンなどに面倒が発生しているときにもマイナスとして見積もりされますし、普段からの点検整備の状況が見積価格に関わってきます。

その辺はシロウトには見分けはつかないのですが、見積もりを行う買い取り専門店ではシッカリとその部分も確認してくるでしょう。

いずれにしても修復歴が存在しないことがマイカー見積もりを上げられるかどうかのポイントになります。