車買取査定を考えるブログ

車買取査定について一緒に考えてみませんか?

ついにきた、中古車見積もり時の必要書類

ついにきた、中古車見積もり時の必要書類

お車を売りたい際における方法には買取り、または下取といった手順がございます。下取りに関しては、次の自分の車を購入したと一緒に、今までの自動車を買取りして頂くものです。それが運転が可能な状態だとすれば値段がつくわけですが、古すぎるものであった場合ですと処分のコストを求められるケースも考えられます。

下取は専門ショップが買取りする訳じゃないので、望むような値段での譲渡は難しいですが、次のくるまと交換で乗り換えが可能といった良い点があります。その一方買取の場合は、専門の自動車買取専業店に依頼して引取りをして頂くものです。やり取りが分かりづらいなどのデメリットが有りますが、引受けされた自動車はユースドカーとして流通するのがもともと決まっておりますので、わりかし希望金額での譲渡が期待できると思います。

買取りにしても下取りにしても売り払う際は色々と書類を準備することが求められます。どういったものが必要なのかというと、自動車検査証、クルマの納税証明書、リサイクル券、自賠責保険証があります。さらに実印や印鑑証明、住民票といったものも必要となります。

引受けのときは委任状や譲渡証明書も必要となりますが、そのへんは買い取りの専業店が用意してくれるはずです。譲渡を頼みたいこちら側としては、自動車検査証、自動車税の納税証明書、自賠責保険証とリサイクル券、実印と住民票そして印鑑証明を用意しておきましょう。鑑定時もそれらに関しては見られるので、無くした際はまた発行してもらう必要があります。

もしも失くした場合でも鑑定それ自体は受けることはできるのですが、その場ですぐの引受けはできないため査定額に何か影響が出ることになるでしょう。