車買取査定を考えるブログ

車買取査定について一緒に考えてみませんか?

ついにきた、中古車とオークションのこと

ついにきた、中古車とオークションのこと

今迄お乗りの車を手放す経路は、一昔前までは新車ディーラーでの下取、もしくは中古車取扱店への売る手続きがありました。新しい車を買うディーラーに引き取ってもらい、次の車を入手するお客様が最近まではまあまあいましたが、ここ1~2年この方法を選択するって方はほとんどいません。下取ですと、比較するとトクしない可能性が知れ渡ってしまったことと、「オークション」に参加するという新しい方式が浸透し始めたからです。

ユースドカー専門の競りというものが催されていて、中古車のお店や別のディーラーなどもこちらで売買をされています。通常は入ることが出来ないものですが、代行してくれる業者を使うことによって、普通のお客さんだとしてもお持ちの車を「オークション」で売ることが出来る運びとなっています。そして、もう一方の方式の中古自動車専門ショップへの売渡では、ひとまずクルマを鑑定して頂き、望んだ値段を提示されたら交渉が成立というわけです。

古い車を専門としているお店は、そのゲットした古い車をきれいにオーバーホールして店頭で売ったり、競りに出したりなどします。どの方法をチョイスするかは人によりますが、何を目指しているかによってベストなものは異なってきます。なんにせよ1円でも高プライスで引き取って欲しい、ということであるのなら、競売代行専門業者に要請するのが一番高く売れるのではないかと思います。ですが心配せず引き取って欲しい、信用できるショップに売却して、愛着をもって使ってくれる人に販売してほしいということであれば、下取もしくは中古自動車の販売会社の方が適しています。

代行の専門店に頼んだ場合、販売されるまでメンテの代金を支払わなくてはならないため、買取して貰うのに時間を要すると手数料が高くなる可能性があります。中古車の販売会社なら次のユーザーが見つからなくても現金を貰うことが出来るといういい点が存在します。