車買取査定を考えるブログ

車買取査定について一緒に考えてみませんか?

ついにきた、「中古車の査定」の感想、所感

ついにきた、「中古車の査定」の感想、所感

愛車の買い受けの際は、まず最初に中古車の鑑定をします。その車といつのものかによって、ベースとなる標準状態の値段のイメージをしておきます。これに比べ更に実態が悪かったら、査定金額を減らすなどの流れで処理を行っていくことでしょう。

標準時のプライスについては買取店の方でベースとなる数字を持っています。これについてはお店同士のみで出回っているもので、そのプライスはその車と年代で残されているものです。しかしながら、あくまでこの金額は標準的な数字であり、それ以上でも以下でも無いといえます。その上、そのプライスよりも高値で買い取って貰えたり、ないしはもっと安く引き取られたりする事だって当たり前ですがあるという事なんです。

お店の立場としてはなるべく低い金額で買取したいわけで、その店舗にもよりますが基本となる買い取り額を見せたうえで、それ以上に安い方向へと話を持っていこうとします。こちらの気持ちとしてはわずかでも高値で譲渡したいので、ここでの交渉では強引に話を振るのが成功の秘訣です。はたまた、買取について査定額が譲り合えなかった場合などは一度保留し、話を棚上げ状態としておきます。そしてほかの買取専業店と交渉をやっていくのです。

ここでもし価格が今まで以上に高値となり満足できるものだったら、最初のお店とのネゴシエーションは破談となっても問題はないでしょう。すなわち、売ろうとしている側が満足できるようにネゴシエーションをしていけばイイって訳です。絶対にやめてほしいのは、あせってプライスを結論付けてしまい、あとから後悔してしまうことです。金額はあくまで強気に出ていった方が悔やむことはないでしょう。