車買取査定を考えるブログ

車買取査定について一緒に考えてみませんか?

ついでに買取や下取りのリサイクル料に関して

ついでに買取や下取りのリサイクル料に関して

ユースドカーを売却する時の段取りには下取り、そして買い取りというのが存在します。下取りの場合というのは新しい自動車を購入するかわり、今迄のくるまを買い取っていただくというものです。たいがいは販売会社が引き取りを行うためプライスとしてはどっちかというと低価格になることが多いです。

一方で買い取りのケースは愛車買い取り専業店がおこなっているもので、中古車として店頭に陳列することを予定して引受プライスを決定するので、どっちかというと高めの引き受けが期待できるでしょう。どっちにしても自分のクルマのを売却することであり、引き受けてもらう前に買取プライスを決定するための見積もりが行われることとなります。

審査を行うケースで気に掛かるのはリサイクル料になります。ユースドカー値踏みで提示される値段というのはくるま本体の値段、自分の車のについてくるリサイクル料や自賠責保険等含めた額の2種類がありますあります。「リサイクル料」はお車を入手したさい、若しくはリサイクル料が未納だったケースでは車検を受けたさいに支払いになりますので、のちに自分の車のを廃車にして壊してしまう時必要なフロン類、シュレッダーダスト、エアバッグ類等々リサイクルするための料金として使用されます。リサイクル料は自動車リサイクルシステム(JARS)に預け入れることになり、処分する場合自動車リサイクルシステムから払われるということになります。

代金はだいたい、軽自動車なら約8千円、国産車の場合で約1万円、輸入車等だと1.5万円位、その他で20000円ほどを納める必要が有ります。大半の自家用車引受だと、そうしたリサイクルの代金をお車の引取り額とは別ということで買い取られるということとなりますが、リサイクル料金を入れて買取価格であるというケースも有り、引受を頼む場合先ずはチェックしておくということが大事な事となります。