車買取査定を考えるブログ

車買取査定について一緒に考えてみませんか?

そうれ!「残債がある車の売却」のこと

そうれ!「残債がある車の売却」のこと

車買い取りのお店に審査をして頂いたのはいいけど、割賦払いを完済していないこともあるのではないでしょうか。そうした場合は、売却希望のお車の所有があなた自身なのか他の方なのかを取りあえずチェックしておくことが求められます。

実際のところ、所有者についてどこを見ればわかるのかといいますと、自動車検査証に載っている氏名が愛車の権利者という事であります。

マイカーを購入したときに銀行等が提供する割賦払いを組んだ場合だと、こちらの自動車検査証に記載されている氏名がご本人の氏名になっているのですが、ローンを設定したのが信販系の会社だったケースではお名前がクレジット会社の記載になる筈です。クレジット会社で分割払いを組む場合なぜこういった形でクレジット会社をオーナーとして登録してるのかと言えば、その答えは月の払いが滞った場合、即マイカーを差し押さえて確保できるようにするためです。

そうした事情で所有名義がクレジット会社にある際はそちらの愛車を好きなように売り払う事は不可能です。それでも売却したいならローンを全て支払するかローンの組み換えによってオーナーをご自身に変更した後で売却をする必要があります。ですが、実際こうした事が可能なのはその時のお手持ちの現金が豊富にあるケースに限定されます。だったら資金が無いのであればどうしたらよろしいのでしょうか。

そんな場合は、審査をおこなって下さった愛車買取専業店に相談すれば、お車の買取金額から残った支払い分を賄い、所有者の部分をあなたのお名前に変えて頂くことができるというワケです。手続きの方も全部買取り業者に任せられるので問題ないです。