車買取査定を考えるブログ

車買取査定について一緒に考えてみませんか?

これこそ買取・下取の査定ってどうでしょう

これこそ買取・下取の査定ってどうでしょう

マイカーを売り払う場合におけるやり方としては買取りや下取り等の手続きがございます。下取りはおニューの車を買ったと同時に、これ迄乗っていたクルマを引受けして頂くものです。まだ走行ができる中古車だとしたら値段がつくわけですが、あまりにも古すぎた場合だと廃車費用を下さいと言われるケースもないわけではないです。

下取は専門業者が行う訳ではないので、望むような価格での売却は期待できませんが、新しいクルマと取り替えるような形で乗り換えを可能であるといったメリットがあります。一方買取はというと、それ専業の車買い取りの専業店にお願いして買取をしていただくといったものです。そのタイミングが分かりづらいなどの短所もあるのですが、引き取られた自動車はユーズドカーとなって流通するのが元々前提ですので、なかなかの高価買取りが望めるでしょう。

買取、下取のどちらであっても売り払うさいには色々書類をまずは準備しておくことが必要です。必要書類としては自動車検査証と自動車税納税証明書、リサイクル券、自賠責保険証といったものとなります。さらに実印や印鑑証明と、住民票といったものも必要となります。

手続きの際は譲渡証明や委任状等も使うのですが、そのあたりは買取専門ショップで準備してくれます。買い取りを依頼する側としては、車検証、自動車税の納税証明、リサイクル券と自賠責保険証、実印と住民票更に印鑑証明を用意しておきましょう。審査の際もこれらに関してはチェックが入るので、紛失している際には再発行していただくこととなります。

無くした際でも見積もりだけをして頂くことはできるのですが、その場で即譲渡は行えないので見積もりの値段に悪影響が出たりします。