車買取査定を考えるブログ

車買取査定について一緒に考えてみませんか?

これが残債がある車の売却のいろいろ

これが残債がある車の売却のいろいろ

クルマ買取ショップに査定を頼んだものの、支払いを完済していないということも無くはないでしょう。このような時には、売り払いたいマイカーの権利がご本人なのかそれ以外の人であるのかどうか取りあえずチェックすることが求められます。

本当のところ、所有権はなにを見ればわかるのかといいますと、自動車検査証に記載のある氏名がくるまのオーナーということになります。

お車を買った際に銀行が提供している分割払いを設定した場合は、この「車検証」に記載されているお名前が自分の名前になってるはずですが、ローンを組んだのがクレジット系の会社などの時には名前が信販会社の記載となっている訳です。クレジット会社で割賦契約を組む場合どうしてこのような形でその会社をオーナーとして登録しているのかと言いますと、その答えは毎月の支払いが滞納された場合に、直ちにマイカーを差し押さえして確保するためです。

そうした理由によって所有名義が信販会社になっている場合はそのくるまを勝手に売却することは無理なことです。どうしても売ってしまいたいなら返済を全て完済するか割賦契約の設定し直しをすることで所有権者をご自身の氏名に変えた上で売却する必要性が出てきます。さりとて現実にこんな事が可能なのは今お手持ちのお金がたくさんある場合に限定されます。だったらお金が不足しているならどのようにするのがいいのでしょうか。

そんな場合は、買取査定をして下さったクルマ買取専業店にご相談いただけると、お車の売却の金額から残債分を支払し、所有権を自分自身の姓名に変えてもらうことができるというワケです。手続きについてもすべて買取ショップに任せることができますので問題ありません。