車買取査定を考えるブログ

車買取査定について一緒に考えてみませんか?

きましたね中古車屋さんに車を売る時のこと

きましたね中古車屋さんに車を売る時のこと

車の売買契約時は、まずはそのクルマの審査をします。車の種類と何年式かによって、基準となる一定レベルでの金額のイメージをしておきます。これより更に印象が良くなかったら、見積額を少なくするという順番で処理を行っていくのです。

標準状態の金額に関しては、買取店の方で目安のデータを所有しています。コチラに関しては業者同士だけで確認されるもので、その価格は車種と何年式かによって記載されているものです。ではありますが、このプライスはあくまで標準的な数字であり、それ以上のものではありません。加えて、その額面よりも高い価格で買取を行ったり場合によっては安い価格で買い取られたりすることすら当然ながら無くはないです。

業者側としてみれば可能な限り低価格で買取したいわけで、ショップにもよりますが基準となる買い取りの価格を提示したうえで、さらに安い方向へと話題を変えようとしてきます。こちらの気持ちとしてはちょっとでも高い値段で手放したいので、このケースでは強引に攻めるのが吉です。あるいは、引き取りに関する価格が譲り合えなかった時などは一旦見送りとし、そこで話をストップしておきます。その上でよその買取業者と商談を進めていくわけです。

もしここで価格がもっと高くなって納得がいけば、最初の業者とのやり取りは決裂したとしても問題ないはずです。つまり、売りたい方が満足がいくようにやり取りを進めていけばイイって訳です。どうしても回避したいのは、拙速に売却額を決断してしまって、後々悔やむことです。プライスはなんといっても強気で押し出していく方が後で悔やまないでしょう。